2019年2月22日(金曜日)、外国人雇用説明会を開催します
2019年1月20日

2019年4月1日より、外国人が就労できる分野が拡大されます。これを受けて、「外国人雇用セミナー~外国人材受け入れ拡大となる新制度の内容と手続き、見通し~」と題して、外国人雇用セミナーを開催致します。

2019年4月1日施行の改正入管法により、新たに「特定技能」の在留資格が新設されます。これにより、外国人材の受入れが拡大され、これまでは専門的・技術的な職業に限定されていた外国人の就労について、下記14分野についても新たに技能労働者として受入れが可能となります。
(新たに受入れが可能となる14職種)
介護/ビルクリーニング/素形材産業/産業機械製造業/電気・電子情報関連産業建設/
造船・舶用工業/自動車整備/航空/宿泊/農業/漁業/飲食料品製造業/外食業

では、これらの分野で外国人材を雇用しようとするとき、具体的にどのような条件があり、どんな手続きで、どんな雇用形態で、どれくらいの期間の雇用ができるのか?
注意すべき点はどこか?
雇用する外国人としてはどのような条件があるのか?
そもそもこれまでとどう変わるのか?…

これらについて最新情報を含めてお伝えし、さらに社会保険労務士により外国人雇用における社会保険や労働保険の手続きの留意点についてご案内します。

制度の詳細は現在国において詰めている最中ですが、現時点での最新情報をお伝えし、今後の動きに備えるためにこの時期に開催させて頂くことと致しました。
企業にとっても外国人にとってもより良い雇用の機会となるよう、皆様と情報共有ができればと考えております。
ぜひお気軽にご参加ください。

–記–
「外国人雇用セミナー~外国人材受け入れ拡大となる新制度の内容と手続き、見通し~」
【日時】2019年2月22日(金曜日)14時00分から16時00分まで
【場所】長崎市立図書館 1階 多目的ホール(長崎市興善町1番1号・図書館1階「救護所メモリアル」隣り)
【参加費】無料

※下記にて事前にお申し込みください。

外国人雇用セミナー